ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.04.13 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.04.13 Sunday

鴨のオレンジソース、八角風味

 
le13avril2014 canard
今日のお夕飯。何年も前に買って眺めるだけ眺めていたOttelenghi:The Cookbookから、
Seared duck breasts with blood orange and star anise を。
この本から何か作りたいなーと思って、
ぱっと開いたページのお料理を作ってみた。ちょうど材料が揃っていたあたり、運命だろうか(違)。

…美味しかったです。
複雑なスパイスの風味、オレンジの酸味と甘み。
この素材の組み合わせの面白さ、絶妙さ。
こういう発見があるから、洋書の料理本は楽しい。
…買ってから使うまでに非常に長い時間を要するけど(笑)。

  
 
2012.02.21 Tuesday

牛テールの煮込み、五香粉風味

JUGEMテーマ:おうちごはん

le26novembre oxtail

これも去年作ったお料理。私にしては珍しく、お肉どかーん!な一品。

手間のかかるサラダと同じSkye Gyngell さんの本から、
Braised oxtail with ginger, five spice and garlic を試してみた。
見た目はカレーのような、洋風トマト煮込みのような感じだけれど、味はまさにフュージョン!
ナンプラーに溜まり醤油、それからトマト缶などなど、調味料の組み合わせが面白い。
作って楽しく、食べておいしいお料理だった。

カレーみたいに雑穀入りご飯と山盛り香菜とともに、ばくばく食べた。
また作ろう〜〜。
 
2012.02.20 Monday

ある日の一人ごはん記録

JUGEMテーマ:おうちごはん

le11novembre diner



気づいたらここを2ヶ月以上放っておいたようだ。
おかしいなあ。写真だけは山のように溜まっているのにねえ。

しれっと去年の11月(え?)の一人ごはん写真。
ミニトマトとラディッシュのマリネ(赤ワインヴィネガー、はちみつetcで甘酸っぱい味)、
ほうれん草の茹でたの、茄子のマリネ、
メインは豚のつま先と長ねぎの醤油煮。
こういう日本のスーパーではあまり見かけない部位を売っているのが、中国のいいところだ。
コラーゲンたっぷりで大変おいしかった。

しかし私よ、このメインには白でなく赤じゃないのか?
2011.10.22 Saturday

トリッパのトマト煮込み

JUGEMテーマ:おうちごはん

le28septembre trippa

こないだの(1ヶ月くらい前?)のお夕飯。
中国は肉関係がかなり充実していて、牛テールとか豚の脂の塊とか、
牛筋のゼラチン質だけ取り出したものとか豚足とか、その他よくわからないものまで(笑)
様々な部位が普通に売っている。
そんな肉売り場でふと目に留まったのがハチノス(牛の第2胃袋)。
勿論フレッシュ、そしてすごくきれいだったので、そうだ、トリッパ煮込み作ってみよう!と相成った次第。

トリッパと言えばフランスのカーン風も有名だけれど、
私が食べたいのはイタリア風のトマトのやつ。
で、レシピは大体こちらをベースに、トマト増量、唐辛子プラス、仕上げにブラックオリーブも投入。
内臓系苦手の夫君のために、長めに煮込んで、さらに一晩寝かせてみた。

さて、結果はといいますと。
……ものすごーくおいしかった。おうちでこんなの作れるんだ?という出来(自画自賛)!
怪訝な顔をしていた夫君も大喜びしたくらい。
トリッパには臭みがなく、ソースのまろやかさに唐辛子の辛みが程良く効いて。
別の日にパスタソースにしてみたけれど、これも絶品でございました。
ワインが大変進んでしまった。

また作る!今度はカーン風かな。
Powered by
30days Album
PR