ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< デュクセル+ボロネーゼ | main | 干し貝柱スープめん >>
2014.04.13 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.10.22 Saturday

トリッパのトマト煮込み

JUGEMテーマ:おうちごはん

le28septembre trippa

こないだの(1ヶ月くらい前?)のお夕飯。
中国は肉関係がかなり充実していて、牛テールとか豚の脂の塊とか、
牛筋のゼラチン質だけ取り出したものとか豚足とか、その他よくわからないものまで(笑)
様々な部位が普通に売っている。
そんな肉売り場でふと目に留まったのがハチノス(牛の第2胃袋)。
勿論フレッシュ、そしてすごくきれいだったので、そうだ、トリッパ煮込み作ってみよう!と相成った次第。

トリッパと言えばフランスのカーン風も有名だけれど、
私が食べたいのはイタリア風のトマトのやつ。
で、レシピは大体こちらをベースに、トマト増量、唐辛子プラス、仕上げにブラックオリーブも投入。
内臓系苦手の夫君のために、長めに煮込んで、さらに一晩寝かせてみた。

さて、結果はといいますと。
……ものすごーくおいしかった。おうちでこんなの作れるんだ?という出来(自画自賛)!
怪訝な顔をしていた夫君も大喜びしたくらい。
トリッパには臭みがなく、ソースのまろやかさに唐辛子の辛みが程良く効いて。
別の日にパスタソースにしてみたけれど、これも絶品でございました。
ワインが大変進んでしまった。

また作る!今度はカーン風かな。
2014.04.13 Sunday

スポンサーサイト

コメント
いやぁ〜 美味しそうです♪

日本ではあまり新鮮なトリッパに出会うことがないのでうらやましい〜
>ricetta-casualeさん
おいしかったです(笑)!
日本だと取り寄せとかアジアン食材店で冷凍ものを買う、
とかになっちゃいますもんね。
今後、謎の部位にもチャレンジしてみたいです。
  • fab
  • 2011.10.25 Tuesday 12:11
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR