ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Get Together | main | ある日の一人ごはん記録 >>
2014.04.13 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.12.16 Friday

Q健康って? 困ってるひと

最近読んだ本から、健康ってなんだろう、と考えさせられるもの2冊。
ばななさんの「Q健康って?」はタイトル通り、真の健康とは?をテーマとした、
様々な身体方面のプロフェッショナルとの対談+ご友人のるなさんのがん闘病記。

大野さんの「困ってるひと」はビルマ研究に励む大学院生が突如希少すぎる難病を得て、
生き抜くために治療やつらい病態だけでなく、社会制度とも戦うノンフィクション。

***

「Q健康って?」、対談部分はすぐにできそうなことから、
哲学的なことまで、読みやすく面白い。
「健康=身体にどこも不具合がない」ではなく、精神が健康ということも重要なファクタである、
というのはほんとに納得する。

そして、るなさんの闘病記には本当に泣かされた。
彼女の精神の健康さはものすごいものがある。
周囲に感謝して、自分を信じて大変な治療(記述が具体的でためになる)に耐え、
病の中でも楽しみを見つけていくるなさん。
活字の上からでも、彼女の澄んだ目が見える気がした。
お顔を拝見したことは勿論ないのだけど。

***

「困ってるひと」は文体が非常に軽妙。
ちょいちょいと挟まれるサブカルネタに笑い、自虐に笑う。
自分の状態を非常にクールに観察していて、突き放しているからこその笑いがあるなあと思う。

でも内容は結構、いやかなりつらいことを書いている。
冷静に病態や検査の内容を想像すると、非常につらく苦しそうだ。
心の動きについてもそう。
笑いにくるみつつとても繊細に描かれていて、一緒にきゅーんとしたり、どーんと落ち込んだり。
社会制度との戦いのくだりでは、こちらまでどげんかせんといかん気分になってくる。
が、彼女に同情するのは簡単だけど、やるべきことはそうじゃあないよな。
自分のことをちゃんとしないといかんよな。
なぜかそんなことを強く思った。
著者の大野さんはほぼ日で糸井さんと対談されているので、ご興味のある方はこちらもぜひ。

評価:
よしもと ばなな
コメント:良い本です、何回も読み返したい。

評価:
大野 更紗
コメント:面白くも、切なく考えさせられる一冊。

2014.04.13 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR